梨状筋性腰痛(仙骨前面の痛み)

「腰の痛み」には稀に骨盤の奥深くに起こる、梨状筋性腰痛が存在します。

この梨状筋性腰痛は画像検査でも原因が発見が出来ず、患者さん自身でも『どこが痛いのかわからない。』という症状です。
この梨状筋性腰痛は、患者さん自身は骨盤の表面からマッサージなどを受けても『 もっと深いところに問題があるような気がする。』 と感じ、多くの場合にいくつもの治療院巡りを繰り返します。

あなたの腰痛が病院の画像検査でも問題を発見できず、骨盤内臓器にも問題を発見できないようでしたら、梨状筋性腰痛かもしれません。

症状

  1. 骨盤の後ろが痛むが、漠然としてはっきりしない。
  2. 表面からマッサージや鍼治療を受けても、効いている感じがしない。
  3. 痛みの質は鈍痛である。
  4. 痛む部位を指さすことが出来ない。
  5. 骨盤の奥が気持ち悪い感じがする。

梨状筋性腰痛(骨盤の奥深くの痛み)の出現部位

 ,画像の説明

骨盤の奥深くの痛みではどのような部位に症状が現れるのか。

痛みの部位が漠然としているだけではなく、痛みの質は鈍痛であり、この点が仙腸関節性腰痛とは明確に違います。また、患者さん自身に痛む部位を訪ねても『どこが痛むのかはっきりわからない。』という回答が返ってきます。
骨盤の奥深くが痛み、痛みの部位がはっきりわからないのは仙骨の前面に問題があるためです。次の項目でその原因について解説します。

仙骨と梨状筋の問題

骨盤の後ろには仙骨と呼ばれる骨が存在します。
この仙骨の前面に付着している筋肉が梨状筋と呼ばれる筋肉で、主に太腿を外旋させる働きを持っています。
梨状筋は坐骨神経痛の原因にもなる梨状筋症候群という症状を起こす筋肉でもあります。

梨状筋が仙骨に付着している部位に、長期間に渡り継続的な負荷が掛ったり、この部位に癒着などの問題が存在する場合、骨盤の奥深くに鈍痛が起きることがあります。


腰の深い部分に不明瞭な痛みがある場合には、骨盤内臓器に問題があり、その関連痛である可能性があります。
しかし、痛みが、整形外科、消化器科、婦人科といった診療科目すべてを受診し、またMRI,CTといった画像診断でも原因が見つからなかった場合、梨状筋性腰痛(仙骨前面に問題)かも知れません。

症状を改善する視点

  1. 梨状筋を緩める。
  2. 股関節の可動性を高める。
  3. 全身のアライメント(正しい骨格・関節の位置)の異常があれば修正。