電話予約

ネット予約

このページの作成監修は北九州整体院の院長 田村政美です。院長のプロフィール最終更新日:2021年9月23日

産後、このようなことでお悩みではありませんか?

[check]ズボン、パンツがきつく感じる、はけなくなった
[check]骨盤の歪みが気になる
[check]出産後、腰が痛く日常生活がつらい
[check]股関節の動きが硬くなった気がする
[check]足がむくむ、むくみやすくなった

産後腰痛の原因って?

産後に起こる腰痛の原因として、運動不足や育児のストレス、授乳などによる睡眠不足など様々な要因があります。

その中でも大きな要因として3つの要因があります。

大きく分けると、1つ目は出産が引き金となるもの、もう1つは産後の育児が原因となるもの、最後に妊娠後期から出産後に関係するそり腰です。

出産を経験したお母さんがどうしても避けて通れない産後腰痛の3大要因についてご紹介します。

①産後の緩んだ骨盤

まずは、産後の緩んだ骨盤が原因となるものです。

お母さんは妊娠中10カ月以上もの間、胎児をお腹に宿しています。

また胎児がお腹の中で徐々にと大きくなるにつれ、骨盤内に広いスペースが必要となり、リラキシンというホルモンが分泌されることで関節や靭帯を緩め、骨盤がゆるくなってしまうのです。

妊娠中に腰痛がつらくなるのはこの影響もあります。

開いた骨盤は、産後6ヶ月ぐらいかけて徐々に締まっていきます。
その間、骨盤は非常に不安定であり、歪みも引き起こしやすい状態なのです。

特に仙腸関節は、普段と比べると不安定な状態にあると考えられます。

この期間は、通常であればそんなに負担にならないような動作であっても、仙腸関節には大きな負担となることがあります。

その為、骨盤が歪んでしまうと、周辺の筋肉のバランスも崩れ腰痛を引き起こしやすくなるのです。

仙腸関節性腰痛
仙腸関節についてはコチラをご覧ください。ココをクリック

②育児による負担

2つ目の理由は、育児による負担です。
例えば、子育てが始まり、子供を抱っこする時間が長くなると、背骨や骨盤の正しい位置の維持が因難になります。
また、抱っこにもクセができ、片方の腕ばかりで抱っこをしてしまうと、さらに歪みが進行します。

それに加えて、赤ちゃんのおむつを替えたり、授乳をしたりすることで普段以上に腰に負担がかかりやすくなります。
更に、お料理、お掃除、お洗濯なども含め、家事のほとんどが前かがみになって行うものが多く、何かと腰に負担がかかりやすいものです。
私たちの身体は前かがみになると骨盤や腰椎が開きやすくなるため、腰に負担がかかってきます。

同時に腰の筋肉が緊張することも影響し腰痛に繋がるのです。
これらの家事をするときはしっかりと骨盤ベルトなどをまいて、骨盤と腰をサポートしておくようにしてくださいね。
特に疲労がたまっていたり、睡眠不足だと余計に腰痛が悪化しますので注意が必要です。
梨状筋性腰痛
梨状筋性腰痛についてはコチラをご覧ください。ココをクリック

③そり腰

そり腰

妊婦が出産時期になると胎児が大きくなり重くなります。

その重さを支えるために妊婦は骨盤を前に倒し、さらに腰を反らして重心を移動させます。

産後も骨盤を前に出して、骨盤にのせるように赤ちゃんを抱っこするためだんだんとそり腰の姿勢が定着してきます。

椎間関節性腰痛
椎間関節性腰痛についてはコチラをご覧ください。ココをクリック

産後腰痛の事例

女性 32歳 産後の骨盤矯正で腰痛発覚

腰痛
北九州市小倉南区・腰の痛み

2018年11月 北九州市小倉南区 育児休暇中

  • 来院に至った経緯
    今回、4ヶ月前に出産したことで産後の骨盤矯正コースで来院。
  • 問診・検査で確認できた事
    問診では、3年前のギックリ腰をきっかけに度々腰の痛みに悩まされるとの事。
    検査していくと仙腸関節や背骨を中心に圧痛があり、他にも腰方筋(特に左)、にも筋肉の硬結を確認できた。
  • 整体施術後
    今回は、産後の骨盤矯正コースだったので、まず骨盤の調整で体液循環を改善後、圧痛を感じた多裂筋や腰方形筋の緊張を取り除いていった。
  • 考察と今後
    色々と話をしていく上で、子供を抱っこした際、長時間そり腰の姿勢で骨盤が前傾になっていることが大きな原因ではないか?
    次回からは、腰痛コースにて施術していく。

    ※北九州整体院の腰痛の症例であり、効果を保証するものではありません。

女性 34歳 授乳時の腰の痛み!

腰の痛み
北九州市小倉南区・腰の痛み

北九州市小倉南区 育児休暇中

  • 来院に至った経緯
    第2子出産後4ヶ月が経って、何気なく、第1子と同様に、骨盤矯正やっておかないと・・・と軽い気持ちで骨盤矯正・小倉南区で検索するとHPが出てきたということで北九州整体院へ来院。
  • 問診・検査で確認できた事
    問診で産後骨盤矯正の説明をしていると、授乳してると腰が痛くなるとのことで詳しく話を聞いていく。
    床に座り、左膝を立てた状態で、右足は胡坐、この状態での授乳時に左側の腰が痛いそうだ。
    伏臥位になっていただき検査をすると、仙腸関節(左)を触るとかなり痛みを訴えてくる。
    他にも、首・肩は10年以上前からツライそうだ。
    その後、体液循環テストを行っていくと骨盤や背骨の動きが悪く、右腕の挙上にも問題あり。
  • 施術と経過
    骨盤・頸椎の整体調整で体液循環を促進(骨盤矯正)することで全体的な循環アップした後、再度検査をすると骨盤や背骨はかなり動きが出てきた。
    右腕の挙上もしっかり上がっておりこの時点で肩やふくらはぎの50%は楽になっているとの事。
    あとは、仙腸関節を調整、硬結した筋肉をゆっくりほぐしていった。
  • 考察と今後
    最初は軽い気持ちで、産後骨盤矯正で来院されたが、体のあちらこちらに圧痛や硬結がありビックリされていた。
    産後で疲労の蓄積によりこのような状態になったのだろう。
    1週間後、首と肩を中心に施術を進めていく予定。
    すくすくと育っていくにつれて体重も重くなっていき、肩こりなど辛くなりやすいので月1回のメンテナンスを提案。
  • その後の経過
    1週間後、2回目の施術。
    1週間でどのくらい戻っているかの確認のため検査を行う。
    2回目来院施術前41歳と少し戻っているが、初回の来院施術前62歳に比べるといい状態だと思われる。
    産後整体・産後骨盤矯正コースで来院されたので、今回も骨盤矯正から始めていく。
    前回施術した、仙腸関節(左)の痛みは授乳時ほとんど気にならないとの事。
    今回は、首の痛みが強いそうでご自身に心当たりがあり抱っこひもをつけ長時間抱っこしていたそうだ。
    まず、首・肩の施術を行い確認していただくと、首・肩の動きが軽くなったそうだ。
    腰を確認すると、左側に硬いものが・・・
    腰方形筋にかなりの拘縮があり、長年の腰痛でできたものだろう。
    そり腰などの姿勢も大きく影響しているようだ。2週間後、腰を中心に施術していく予定。

    ※個人差があり、産後骨盤矯正の効果を保証するものではありません。

当院の予約方法

腰痛専門コースをお勧めします。
腰痛の程度が軽いものであれば、産後の整体・骨盤調整コースも可能です。
なお、いずれも初回の方はさらに初回検査・問診無料/10分をお選びください。

電話予約

受付時間:10時~20時

オススメ

ネット予約

いいねタウン

当院が初めての方はメニューの他、初回検査+ヒアリング無料10分をお選びください。

ネット予約で予約確認メールが迷惑メール扱いになっている場合がございます。それを予約できなかったと思い、来院しなかった場合は無断キャンセル扱いとなりキャンセル料が発生しますのでご注意下さい。