このページの著作は当院の院長 田村政美です。院長のプロフィールはここをクリック

よくある「ぎっくり腰」の症状

重い物を持ち上げた時や、体をひねったなど、突然激痛が腰に現れる現象を、一般的に『ぎっくり腰』と呼びます。この言葉自体は、1度は聞いた事があると思われます。

  • 物を持ち上げた瞬間、腰に激痛が出た
  • くしゃみをした途端、腰に激痛が出た
  • 体勢を変えた時に、腰にピキッと痛みが走った
  • 朝になったら起き上がれない
  • 洗顔していたら、腰を曲げたまま固まってしまった
  • 長距離の運転後、どんどん腰の痛みが悪化
  • 子供を長い時間抱いてたら、普段の腰の痛みよりも酷い痛みに

昔から「魔女の一撃」とも言われ、起き上がりや寝返りにも苦痛を伴い、満足に身動きがとれない状態が何日も続きます。
苦痛が長引いて、動けない日々が続くと、精神的ショックも大きくなります。

ぎっくり腰

「ぎっくり腰」の症状が出る主な原因

ぎっくり腰とは、簡単に表現するなら腰の捻挫(ねんざ)です。誰にでも起こりえる可能性のある、急性腰痛症の1つです。

筋肉の過剰収縮が原因で、腰椎周辺の筋肉が耐えられず、腰椎関節・仙腸関節・靱帯・椎間板・筋膜のいずれかに、損傷やねんざが起きてしまいます。
外科でX線検査をしてもほとんど異常はみられません。よって湿布や痛み止めが処方され、安静を指示される事が多いでしょう。

軽度のぎっくり腰でしたら数日安静にしていれば痛みは徐々に改善します。
しかし、自然回復のみでは腰の痛み自体が改善されても、原因部位(歪み含む)が改善されていないと考えるべきです。

当院でも多い、ぎっくり腰の原因に、仙腸関節の障害(離解)があります。

仙腸関節は、非常に小さな面積しかなく、下記の部分で上半身のすべての重みを支えています。

この仙腸関節に突然異常が起こり、上半身の重さを支えきれなくなった時に、ぎっくり腰(急性腰痛)のような状態になります。

画像の説明
出典:google.co.jp


さらに、これだけではなく骨盤の歪み
画像の説明
出典:google.co.jp

さらに、大腰筋の過緊張も急性腰痛の原因となります。
画像の説明
出典:google.co.jp

北九州整体での「ぎっくり腰」の改善方法

当院で行う施術は、基本的に刺激の弱い“疲労回復整体”を基本としたものです。ですから、激しい痛みの出ている『ぎっくり腰』翌日からでも、施術は十分に可能です。むしろ痛みの酷い時ほど、少しでも改善して欲しいものです。

しかし、自力で動けない 、または自家用車の運転が出来ない場合、来院途中の事故にも繋がりますので、多少は動けるまで回復してからご予約頂く、もしくは身近な方の補助を受けて来院されると良いでしょう。

整体の必要回数の目安は『ぎっくり腰』の場合、程度によって変わります。
原因部位(歪み含む)にしっかり施術が出来れば、あとは自己回復力で改善するので3回以内に終わることが多いです。

施術内容もソフトな刺激が中心で、また痛みが出ている腰部分に直接アプローチは行いません。痛みの出ている部位に影響を与えている別の原因部位がありますので、そちらからアプローチします。

他にも、体のねじれや関節のズレを整えることで痛みが出ている問題部位への負担を減らしていきます。術後~2,3日後にかけ回復するような方針で、痛みを軽減と身体の動き易すくさせ、改善を早めるよう心がけております。

自分で取り組める「ぎっくり腰」の改善方法

まず、安静にする事です!
仕事は控え、腰に負担がかからないよう横になって寝て下さい。

次に『ぎっくり腰』は、患部に炎症で熱が生じているため“アイシング”が適します。
“アイシング”は『ぎっくり腰』の瞬間から損傷が起こっているので、痛みは出ています。それを冷却することによって損傷の範囲が広がることを防ぐ処置をします。

冷やす時間は、氷をタオルで包んで30分くらいが妥当です。
氷の代わりに、冷湿布を使用しても良いです。冷湿布は3~4時間の間隔で取り替えた方が良いでしょう。 症状が軽くなった段階で冷やす時間を短くしていきます。そのまま安静にして、その後は取り替え頻度を少なくしましょう。

ただ、長時間の冷やしすぎは控えてください。凍傷になる可能性もありますし、冷やし過ぎは他の不調に繋がる恐れがあります。

あくまで“アイシング”は患部が火照っている際の、一時的な対処法です。

患部を冷やし続けてもあまり痛みが改善されない場合は、“アイシング”を中止し病院(整形外科)で検査などを行うようにしましょう。

よくある間違った「ぎっくり腰」対処方法

『ぎっくり腰』と腰の痛み、症状の違いはありますが、原因は共通しています。
よって、腰の痛みと同じく逆効果となりやすいストレッチには要注意です!

そもそも、痛みが酷い時は身体を伸ばしたり捻ったりしようという気持ちが薄れるますが、『仕事がある』『○日までには治さなくては』など、焦りから、無理して身体を動かす事は多いようです。

しかし、『ぎっくり腰』の時は身体を動かす事は絶対にやめましょう!ほぼ確実に悪化します。改善までの期間が長引きますので、無理して身体を動かす事は、お控えいただくのが賢明です。

まとめ

『ぎっくり腰』には、様々な発症パターンがあります。
グキッと激痛がやって来る場合もあれば、徐々に鈍痛が酷くなっていく場合。
いざ自分の身に降りかかった場合、早急な改善の為にどうするべきでしょう?

早い段階で整体院などへ行く事をお勧めします。安静に徹するのも大事ですが、施術後に安静にされた方が回復ペースが違います。

軽度の炎症が出ている程度のぎっくり腰でしたら、安静にして患部を冷やせば沈静化します。ただ、軽度か、中度か、その自己判断が難しいです。

ちなみに重度の場合は、身動きが取れないので感覚で分かるでしょう。安静に過ごしてたら、痛みが増してきた。
この場合は、身体の歪み(原因部位)が患部にダメージを与え続けている状態と考えられるため、早急な原因部位へのアプローチが必要です。

なお、整体の必要回数の目安は『ぎっくり腰』の場合、以下の通りです。

ただ、最短期間(回数)で改善させたい場合は“早期対処”が重要となります。下手に我慢し続けても痛む期間が長引いたり、悪化して後にかかる治療費が増すばかりです。

当院のお勧めメニューは

「腰痛専門コース4000円」をお選びください。
なお、初回の方はさらに「初回検査・問診【無料】」をお選びください。