腰痛で来院される患者さんは、「腰が痛くなったから腰を診てほしい」という思いを訴えられますが、体はつながっています。腰が痛いからといって腰だけに原因があるわけではありません。「腰痛」というのは結果で、原因は他のところにある場合が多いと私の臨床経験から言えるのです。

極端な言い方をしてしまうと、腰痛は、ほかの部分が悪いから腰痛になった、ということです。ひざが痛いのをかばって歩いた、足首の捻挫をきちんと治していなかったせいで歩き方にゆがみが生じ、それが腰痛につながった。
こういうケースは多いのです。

もちろん、腰そのものを診て「どこに、どのような痛みが出ているか」ということは調べますが、治療のために大切なのは、「痛みが現れているところ」ではなく、「痛みの原因となる悪いところ」を見つけて改善していくことなのです。

ならば、悪いところ、すなわち「腰痛の原因」はどこにあるのでしょうか。

ほとんどの腰痛の原因は大きく次の4つです。

  1. 姿勢の前後ゆがみ
  2. 骨盤の横ゆがみ
  3. 無理な筋肉の使い方
  4. 血流の悪さ

私はこの4つを改善することで、腰痛はよくなることが多いですね。

腰痛の原因その1「姿勢の前後ゆがみ」

当院の患者さまで腰痛に悩む多くの人が、姿勢のゆがみを抱えています。見るからに背中が丸くなっている猫背の方はもちろん、一見胸を張っているけれど、お腹の突き出た姿勢の方や反り腰の方、すべて背骨のゆるやかなカーブを崩していることになります。

どちらの場合も背骨で重力を分散する力が弱くなり、結果、周辺の筋肉へ本来かけてはならない負担をかけてしまいます。すると、その筋肉に疲労がたまり、痛み物質が発生します。それが原因になり、腰痛が発生するのです。

さらにこの負担を放っておくと、骨や軟骨にまで影響を及ぼし、変形が起こるのです。そして、椎間板ヘルニアや腰椎分離滑り症が発症していきます。

正常な姿勢をキープ

理想的なS字カーブが描けていれば、体の重みをそれぞれの腰椎で支えてくれるので、1カ所に負担がかかってしまうということはありません。

つまり正常な姿勢をキープし、背骨を正常なS字状骨格に保つことが腰痛改善の第一歩です。

上向けに寝る姿勢をキープ

でも、正常な姿勢をキープできない、と患者さんは訴えます。
それは、血液等の循環が悪く、疲労が蓄積しているからです。特に、内臓疲労を起こすことによって、その内臓を守るため身体が固くなる現象を起こしているから。就寝時、腹部を守る姿勢で横になって寝る癖が内臓を守る姿勢のことです。できれば、子供が寝る姿勢、小の字で上向けに寝る姿勢で寝がえりができればいいのですが。

当院で、疲労の蓄積を改善することで、上向けに寝る姿勢をキープできる方が増えています。

姿勢のタイプを分類した図

姿勢のタイプを分類した図


上図は姿勢のタイプを分類した図です。左端の正常タイプ以外は、腰痛になる可能性を秘めています。左から4番目の反り腰タイプは腰椎にアライメント異常が出やすくなります。

腰椎4番と5番に変位が発生しやすい

腰椎は一定の自重が加わる箇所にアライメント異常が出やすくなります。それが腰椎4番と 5番です。

上半身の自重が腰椎下部に加わる。
さらに、脊柱起立筋・大腰筋・腰方形筋の緊張で引っ張られる。
それが、腰椎の一番下の土台となっている腰椎4番と 5番にアライメントの異常が生じます。

デスクワーク、猫背姿勢を続ける、重い荷物を持つ、屈んだりする動作が多い、このような生活をしている方は上半身の体重を背骨の一番下にある腰椎4番と 5番に大きな負担を与えます。

腰椎の一番下は、全体重の約60%の負荷がかかり、腰を前に曲げた時にはその4倍になる。との研究もあるようです。
その結果、椎間関節が狭まってしまう可能性が増えます。

そして姿勢の保持を行う腰方形筋・大腰筋・脊柱起立筋の作用の過緊張によって、 腰椎4番と 5番が 後方または下方の変位がおきます。

それが、椎間関節性腰痛、腰椎椎間板症、腰椎ヘルニア、筋・筋膜性腰痛、変形性腰椎症等を引き起こしかねません。

要方形筋

大腰筋脊柱起立筋

腰痛の原因その2「骨盤の横ゆがみ」

ふだんの何気ない歩き方、立ち方、座り方、体重のかけ方の左右差が広がると、骨格の歪みが発生し腰痛が発生します。

利き手

左右の手には、「利き手」というものがあります。使いやすいほうの手を指して「右利き」「左利き」と言いますよね。

利き足と軸足

足にも「利き足」というものがあります。手の場合と違うのは、左右の足は、「利き足」と「軸足」にわかれるという点です。
私が、整体師として患者さまを見ていると、右手が利き手の場合、左足が軸足の方が多いですね。これは、身体のバランスから、納得ができる事です。

利き足と軸足の見分け

では、利き足と軸足を見分けるには、どうしますか?
椅子に座っていて足を組むときです。この場合、上に重ねる足が、利き足で、下になった足が軸足です。
駅で立っているとき、無意識のうちに軸足のほうに体重をかけ、利き足のほうを前に交差してみたり、浮かしたりしていませんか。
意識してみると、誰にでもこの「軸足」「利き足」に気づくと思います。

腰痛になりやすい

そしてこの「軸足」と「利き足」の使い方の差が大きいほど、骨盤の横ゆがみが生じ、腰痛になりやすいのです。

肝心なのは、この「左右差」をできるだけ少なくするためにはどうすればいいのかを考えることです。

余談ですが、この利き足と軸足の違いを知っておくと、普段の生活でも役に立つことがあります。座っていて、腰痛が出るという場合は、タオルを折りたたみ、軸足側のお尻の下に敷いてみてください。そうすることで、利き足と軸足で不均等に流れていた血液がバランスよくなります。左右の血流のバランスが整えば、腰痛が軽減されます。

骨格のゆがみにも影響

骨盤のズレは骨格のゆがみにも影響し、下図の様々な症状を引き起こしますので、骨盤のズレを治すため、骨盤矯正および姿勢矯正をお勧めします。

骨格のゆがみ

腰痛の原因その3「無理な筋肉の使い方」

車の運転でアクセル側の足が中に浮かせる癖

車の運転で、アクセル側の足の踵が中に浮かせている方がいました。普通、アクセル側の足の踵は浮かせないものですね。

その患者さんは、起床時に腰痛が出る、いつも腰が重いと訴えて来院されました。
腰回りを触診しても、痛みが出ないので、カウンセリングで不自然な筋肉の使い方を聞き出しました。

アクセル側の足の踵が中に浮かせているため、それを支える右の大腰筋が緊張を起こしていたのです。

日頃、何気ない動作が、一般の方と違う場合があり、それが腰痛のような症状を引き起こすことがあります。


2ヶ月後、今度は、アクセルとは反対側の足を中に浮かせる癖の方が来院して来ました。同様に触診とカウンセリングで問題を発見。左の大腰筋が緊張を起こしていました。

いずれも原因がわかれば、対策は簡単です。大腰筋をほぐし、癖の修正を指導します。

大腰筋

この大腰筋の緊張は、整形外科、整骨院や治療院でチェックしないようです。当院に来院する患者さんの中には、整形外科、整骨院や治療院で受診したが、原因不明と告げられた方が結構多いですね。
他に

  • 重量物を頻繁に取り扱う。
  • 腰を深く曲げたり、ひねったりすることが多い。
  • 長時間同じ姿勢で仕事をする。
  • 不自然な姿勢が連続する。
  • 急いでいるため、一人で不自然な作業する。

等の無理な筋肉の使い方がありますね。

腰痛の原因その4「血流の悪さ」

ときおり患者さんから、
「体が硬くて前屈しても手の先が床に届かないんです。」とか、
「私は安静しているのに腰痛が治らないんです。」とか、
「最近、寝たきりになっている病人が、腰が痛いと言っているんですが。」とか、と言われることがあります。

これらはすべて、「関節や筋肉が硬くなっている」ということです。では、なぜ「関節や筋肉が硬く」なってしまうのでしょうか。
端的に言えば、それは「血流が悪くなっている」からです。

関節が固い

例えば、関節が固いといわれるのは、筋肉への血流が悪くなっているから、脳が「これ以上はもう広がりません、曲げられません」と指令を出してしまうのです。
 それが結果的に体が硬いという状態になる、というわけです。理屈としては、「体が硬いから広がらない、曲がらない」ではなく、「筋肉への血流が悪くなっているせいで脳からもうこれ以上は広がりませんよ」という指令が出て体にストップがかかっているのです。

可動域が狭いところ、つまり硬いところは、血流がよくなれば柔らかくなってたくさん動かせるようになります。年齢をかさねていくうちに関節が硬くなってしまうのは、血管が老化したり、毛細血管のしなやかさが減ったりして、筋肉への血流が悪くなってしまうからです。

関節以外の筋肉

また、関節以外の筋肉でも、筋肉を動かさないと血流が悪くなって老廃物が溜まり易くなります。結果、筋肉が固くなって、腰痛の症状が出たりします。

腰痛の分類-上から5つで全体の85%を占める

ここでいう腰痛の分類とは痛みが出る場所や直接的な病名や症状です。

  1. 筋・筋膜性腰痛
  2. 椎間関節性腰痛
  3. 仙腸関節性腰痛
  4. 梨状筋性腰痛
  5. 心因性腰痛
    ~~上から5つで全体の85%を占めるといわれる~~
  6. 腰椎椎間板ヘルニア
  7. 腰椎椎間板症
  8. 腰部脊柱管狭窄症
  9. 腰椎分離症・すべり症
  10. 変形性腰椎症
  11. 腰椎圧迫骨折
  12. 感染性脊椎炎や癌転移
  13. 内臓疾患の腰痛

上記5つで全体の85%を占めるといわれる腰痛は、原因のはっきりしない非特異的腰痛と呼ばれています。
ですので、急に腰が痛くなって整形外科に行っても、「原因不明の腰痛」と診断されることが多いと言えるでしょう。
整形外科では問診だけで、このような診断が下されることはなく、いろいろなチェックをしたうえで判定されます。レントゲンやMRI、CTなどの画像で診断されることも多いと思います。

以降は、腰痛の上記4つの原因不明の腰痛
・筋・筋膜性腰痛
・椎間関節性腰痛
・仙腸関節性腰痛
・梨状筋性腰痛
を当院の臨床経験を踏まえ解説していきます。

筋・筋膜性腰痛

名称に馴染みがない方も多い、筋・筋膜性腰痛(きんきんまくせいようつう)。

羽生結弦選手が筋・筋膜性腰痛症でフィンランディア杯欠場!
のニュースで初めて知った方もいると思います。この場合は筋・筋膜性腰痛のぎっくり腰だったそうです。

筋・筋膜性腰痛の言葉の詳細な説明は他のサイトなどで詳しく書かれていますので、こでは割愛しますね。

筋・筋膜性腰痛が疑われる症状

以下の様な症状・特徴がある場合、筋・筋膜性腰痛の可能性があります。

  • 腰あるいは腰から背中にかけての痛み
  • 腰の張り、こり、だるさ、重さなどの違和感

はじめは腰の周辺に軽い痛みを感じるほか、腰が疲れる、だるい、重苦しい感じがするといった不快感を感じます。
腰を休ませないでいると痛みが強まっていく傾向があり、突然強い痛みに襲われる「ぎっくり腰(腰の捻挫)」が起こることもあります。

特徴や原因

腰まわりの筋肉疲労による痛みを言います。筋肉痛・挫傷・捻挫・肉離れなどがあります。
腰を使う作業や、腰の負担が大きい姿勢を続けていると、腰の筋肉が緊張して固くなります。柔軟性が低下し、血行も悪くなって痛みの元となる炎症や疲労が発生し、痛みにつながります。

筋肉疲労が軽めの初期は、筋肉痛の状態ですが、疲労が更に蓄積すると、ぎっくり腰(捻挫ねんざ)や肉離れも起こります。

腰の筋肉に負担をかける主な要因

  • 前かがみや中腰の姿勢
  • 長時間同じ姿勢をとる(立ちっぱなし、座りっぱなし)
  • 腰をひねる
  • 肥満
  • 激しいスポーツ
  • 重いものを持つ作業を頻繁に行う

腰痛を起こしやすい職業

  1. デスクワークや運転手など長時間座りっぱなしの仕事をする人。
  2. 販売員や警備員など立ちっぱなしが多い人。
  3. 看護・介護関係、配達・引っ越し業者など、腰に重い荷重がかかる人。
  4. 前かがみの姿勢が多い農家。
  5. 運動やスポーツで体を激しく動かす人
    など。

腰痛の起きやすい筋肉

特に負荷がかかりやすく疲労がたまりやすいのが「大腰筋(腸腰筋)」「脊柱起立筋」との二つです。

脊柱起立筋は背中から腰への筋肉で、体を前傾にした時に上半身の重みを支える役割を果たします。

大腰筋は腸腰筋の一部です。骨盤の位置を正常に保ち、腰が猫背にならないようにます。また背骨や脊柱起立筋などの背中の筋肉を下から支える役割も持ちます。

脊柱起立筋大腰筋



長時間の立ちっぱなしや、中腰や前かがみの姿勢は、これらの筋肉に特に負担がかかり、縮んだまま伸びにくくなったりで、筋肉が傷ついて炎症を起こします。

椎間関節性腰痛

椎間関節の位置
出典:google.co.jp

左図は椎間関節の位置です。

以下椎間関節性腰痛の症状、問題、改善ポイント、について解説しています。

具体的な症状

椎間関節性腰痛には以下のような症状がみられます。いくつか当てはまるようでしたら、この疾患の可能性があります。

  1. 体を後屈させると腰痛が増す。
  2. 深くまで前屈させると激しく腰痛が出る。
  3. 痛みの特徴は鋭い腰痛みである。
  4. 日常的に体をひねる動作で腰痛が出やすい。
  5. 体を背もたれなどに預けると腰痛が緩和する。
  6. 立位、座位の動作では腰痛は現れない。
  7. 中年以上の年齢で腰痛が出やすい。

椎間関節

症状が発現するエリア

赤丸の部分を押すと鋭い痛み。青色の部分にも関連痛が現れる

椎間関節性腰痛では、背中の中心の外方25~30ミリほどの部分に腰痛が現れます。

自分自身でもそれがハッキリしない場合、左図の赤丸の部分を押すと鋭い痛みが出る場合があります。
上半身の体重の負荷がかかり易い腰椎の4番と5番の間、5番と仙骨の間の椎間関節に多いようです。

椎間関節の問題が起こると多くの場合に、背骨に近い中央付近にも痛みが現れます。また、まれに臀部や太もも裏面の青色のエリアにも関連痛が現れることがあります。



椎間関節には痛みを感知する侵害受容器と呼ばれる神経センサーが発達しています。侵害受容器は、関節周囲の組織のおよそ10倍存在し、これが痛みを強くしやすい要因の1つです。

そして、関節包(かんせつほう)という線維組織に包まれ、その関節包には多裂筋(たれつきん)という筋肉が付着しています。関節包は、背骨が過度に前後に倒れたり過度な回旋を防ぐ働きをしています。

運動不足で体が硬く(可動範囲が狭く)なっている人が、急激に可動範囲いっぱいのところまで動かすような事をすると、関節包に過度なストレスがかかりこの腰痛を起こすことがあります。

肥満や日常生活上の問題

椎間関節性腰痛は背骨を後ろに反らせていくと痛みが増す特徴があります。

肥満傾向の人は椎間関節性腰痛のリスクが高くなります。お腹が前にせり出すほど、重心も前方に移動するためです。

具体的には、①背筋群・②腸腰筋・③太腿前部の筋群、これらの筋肉が短縮します。

その結果、④骨盤が前傾し⑤腰椎の前弯が増強され、いわゆる反り腰となって腰椎の椎間関節へストレスが掛かり続けます。

この様な状態は肥満傾向の人だけでなく、ヒールが高めの靴を好んで履く人にも同様の傾向がみられます。

いわゆる反り腰の人は多裂筋の緊張度が高く、構造的に腰椎の前弯が強いそり腰の形状となっています。そのような場合、肥満やヒールが高めの靴の常用などでも椎間関節に過剰な負荷が掛ります。

椎間関節性腰痛を治していくためには、日常生活上の問題を見直すことも必要です。

症状を改善する5つの視点

改善するための治療では、次の5つに視点を向ける必要があります。

  1. 背部の脊柱起立筋を緩める。
  2. 腸腰筋(大腰筋を含む)を緩める。
  3. 大腿直筋、縫工筋(ほうこうきん)を緩める。
  4. 多裂筋の機能不全を解消する。
  5. 全身のアライメント(正しい骨格・関節の位置)の異常があれば修正。

仙腸関節性腰痛

原因のわからない腰痛、椅子に座った際のお尻の痛みは仙腸関節性腰痛が疑われます。

レントゲン等では診断が困難な事から、ただの腰痛、あるいは原因不明と診断されるケースが目立ちます。

こちらでは、仙腸関節性腰痛とはどのような症状なのか、と原因、治療法について解説したいと思います。

仙腸関節性腰痛の症状

赤の部分を押すと鋭い痛み。

仙腸関節性腰痛では、赤の部分に痛みがあります。

骨盤の後ろや片側の臀部、下肢の痛みや違和感が仙腸関節性腰痛の主な症状です。

鈍い痛み、患部に重いようなだるさを感じるという方も多いようです。

患者さんが訴える、具体的な症状には次のようなものがあります。

  1. 痛みで長時間椅子に座ることが出来ないが、正座は問題がない
  2. 仰向きに寝られない。痛みのある側を下にして寝られない
  3. 歩き始めや、動きだしに痛みを感じるも、徐々に落ち着く

また、腰痛や違和感が仙腸関節の周囲だけでなく、お尻や鼠径部・股関節など、周りへ広がっていくという点も特徴的です。
一般的に、股関節痛や仙骨の痛みがある場合は、仙腸関節性腰痛が悪化した状態と言われています。

仙腸関節と関連痛

仙腸関節の機能障害の影響が腰以外の関節にも及び、身体の様々な部位に痛みやしびれが起きる場合があります。
関連痛は、次のような関節に起こりやすいと言われています。

  1. 椎間関節(首から腰にかけての背骨の間の関節)
  2. 肋椎関節(背骨と肋骨の間)
  3. 足首から足の指にかけての関節

例えば、患者さんの首や膝、足指の痛みが仙腸関節の要因である場合は、原因は患部ではなく仙腸関節の機能障害にあります。

よって、多くの場合、仙腸関節の治療を行うことで、腰から離れた首や膝、足指の痛みについても改善が見られる場合があります。

腰痛と仙腸関節の関係

骨盤の真ん中にある仙骨を挟んで、その左右にあるのが腸骨です。
これらを後ろ(お尻)側で繋げているのが、仙腸関節になります。

仙腸関節は、背骨の根元に位置しており、身体の中心である骨盤をしっかり安定させる役割をしています。

周囲は仙腸靭帯によって強力に固定されているため、大きな動きは出来ません。
しかし、日常の動作の際に、股関節の動きと連動して、腸骨が前後に傾く・外側に開く・内側に閉じるなど、仙骨が身体のバランスを取る働きをしています。

その動きは3〜5ミリ程度とごく小さなもので、レントゲンなどの画像診断は難しいと言われています。

仙腸関節

こうした仙腸関節の機能障害は、腰痛、あるいは臀部・下肢の痛み、しびれなどが生じる要因になると考えられます。

仙腸関節痛とはどんな病気?

仙腸関節性腰痛とは、何だかの原因によって仙腸関節に炎症や、ずれが生じることで痛みが起こる疾患です。

その他にも、仙腸靭帯の損傷や、靭帯・関節包などの周辺組織が伸びてしまう障害が起き、仙腸関節の周囲に疼痛を生じる場合もあります。

腰椎などに器質的な問題がある場合を除くと、腰痛の原因の大半は、仙腸関節の機能障害であるとも言われています。

これまで、椎間板ヘルニアや変形性関節症、分離症、すべり症と診断されていた患者さんの腰痛も、実は仙腸関節の不具合がきっかけであるケースが多いと言われます。

仙腸関節性腰痛の原因

仙腸関節は骨盤を安定させる働きをしています。

骨盤に歪みやずれなどが起こり、仙腸関節に障害が起こると身体のバランスを保てなくなります。
すると、上半身の関節にもその影響が及び、歪みが生じることで仙腸関節性腰痛を発症します。

骨盤の歪みやずれの原因は、出産、加齢による骨・関節の老化、腰をねじるなどした際の仙腸関節への負担などが考えられています。

当院の臨床では足の歪み、特に腓骨の歪みが仙腸関節の障害に関係しているように思えます。腓骨の歪みを調整することで、80%の患者さんが改善しております。

仙腸関節に負担の掛かりやすい動作には次のようなものがあります。

  1. 前かがみや中腰、反り腰の姿勢を頻繁に行う
  2. 片脚に荷重負荷をかける姿勢が多い
  3. 日常的に長時間自転車に乗る
  4. 体育座りをする習慣がある
  5. 妊娠・出産期の女性

ぎっくり腰やヘルニアとの関連

急性腰痛(いわゆるぎっくり腰)の発症原因の一つに、仙腸関節の捻挫が挙げられます。

また、ねじれが状態が続くことで慢性の腰痛を誘因するとされています。
さらに、ぎっくり腰・ヘルニア・坐骨神経痛を患った経験がある、あるいは現在そうした症状がある方は、仙腸関節性腰痛の発症リスクが高まります。

仙腸関節と背骨が身体のバランスをとり、腰に掛かる負担を軽減しているわけですが、痛みをかばう動作を続けることでバランスが崩れ、衝撃を十分吸収することが出来なくなります。
クッション機能が低下することで、仙腸関節の機能障害を起こしやすくなるのです。

仙腸関節痛の徒手検査とレントゲン

仙腸関節痛の診断に有効な方法は徒手検査です。
というのも、ごく小さな動きをする仙腸関節の機能障害を、レントゲン・CT・MRIなどの画像検査で判断するのは難しいためです。

そこで、人の手によって行われる徒手検査(理学検査)が行われます。
徒手検査とは、患部を動かしたり伸ばす、押す・叩くなどして痛みの有無や強弱、神経的な症状など反応をチェックする方法です。

仙腸関節痛の診断には、痛みのある場所を患者さん自身が指で指し示す方法(ワンフィンガーテスト)や、仙腸関節を動かしたり、力を加えて痛みがあるかどうかを調べるテストが行われるようです。

病院で行われる治療(骨盤ベルト・ブロック注射)

整形外科では、痛みの緩和を目的とした保存療法を中心に治療が行われるようです。

また、骨盤ベルトやコルセット・テーピングを用いて患部を固定し負担を軽減することは、痛みを和らげるのに有効です。

こうした方法で痛みが改善しない場合には、患部(仙腸関節や靭帯)に局所麻酔薬を注射する神経ブロック注射が行われることがあります。

保存的な治療でも、痛みが強く日常生活に不自由がある時には、仙腸関節固定術と呼ばれる手術が行われることがあるようです。

カイロ・整体で痛みが改善

仙腸関節性腰痛の症状を和らげるのに、カイロプラクティックや整体治療も有効です。

仙腸関節(骨盤)の歪みやゆるみを調整・矯正を行うことで、不安定だった骨盤を安定させて仙腸関節性腰痛を改善していきます。

また、腰痛が別の疾患の症状である場合も考えられますので、痛みなどが見られた場合、まずは整形外科等を受診し、内科的な疾患や骨折などの怪我がないか確認した上で、こうした治療を受けるようにしましょう。

仙腸関節性腰痛に効くストレッチ・体操

ご自身で行える効果的な対処法にストレッチや体操があります。
仙腸関節をゆるめるストレッチや、周囲の筋肉をほぐすことで痛みが改善し、楽になると言われています。

特に、産後にお尻の骨(仙骨)が当たって痛みがあり仰向けで寝られない、方にはストレッチが有効です。

仙腸関節の矯正に効く体操を一つご紹介します。
用意するものはテニスボール(硬式)2つ。
これを横並びにして、ボールが動かないようにテープ等でしっかりと固定をします。
これを床に置き、仙腸関節の位置にこのボールが来るように仰向けで寝ます。
仙腸関節がほどよく刺激されているような感じがしたら、そのまま1分ほど待ちます。
長くても3分にとどめ、朝晩一回ずつ行いましょう。

仙腸関節性腰痛のまとめ

レントゲンなどでは写りにくく、時に原因不明の腰痛と診断されてしまう場合もある仙腸関節性腰痛。

仙腸関節のずれなどの不具合は、腰だけでなく身体の様々な関節の痛みに繋がります。
腰にだるさや疲れ、張りなどの違和感を感じたり、軽度の痛みがある場合は、仙腸関節の問題の可能性があります。

発症リスクの高い、妊娠・出産を経験した女性はもちろん、年齢や性別を問わず、こうした小さなサインを見逃さないことが大切です。

また、日頃から腰に負担の少ない生活を心掛け、仙腸関節・骨盤周りのストレッチなどを行うことで、予防効果に期待が持てますので、積極的に取り組むと良いでしょう。

梨状筋性腰痛(仙骨前面の痛み)

腰痛には稀に骨盤の奥深くに起こる、梨状筋性腰痛が存在します。

この梨状筋性腰痛は画像検査でも原因が発見が出来ず、患者さん自身でも『どこが痛いのかわからない。』という症状です。
この梨状筋性腰痛は、患者さん自身は骨盤の表面からマッサージなどを受けても『 もっと深いところに問題があるような気がする。』 と感じ、多くの場合にいくつもの治療院巡りを繰り返します。

あなたの腰痛が病院の画像検査でも問題を発見できず、骨盤内臓器にも問題を発見できないようでしたら、梨状筋性腰痛かもしれません。

症状

  1. 骨盤の後ろが痛むが、漠然としてはっきりしない。
  2. 表面からマッサージや鍼治療を受けても、効いている感じがしない。
  3. 痛みの質は鈍痛である。
  4. 痛む部位を指さすことが出来ない。
  5. 骨盤の奥が気持ち悪い感じがする。

梨状筋性腰痛(骨盤の奥深くの痛み)の出現部位

 ,画像の説明

骨盤の奥深くの痛みではどのような部位に症状が現れるのか。

痛みの部位が漠然としているだけではなく、痛みの質は鈍痛であり、この点が仙腸関節性腰痛とは明確に違います。また、患者さん自身に痛む部位を訪ねても『どこが痛むのかはっきりわからない。』という回答が返ってきます。
骨盤の奥深くが痛み、痛みの部位がはっきりわからないのは仙骨の前面に問題があるためです。次の項目でその原因について解説します。

仙骨と梨状筋の問題

骨盤の後ろには仙骨と呼ばれる骨が存在します。
この仙骨の前面に付着している筋肉が梨状筋と呼ばれる筋肉で、主に太腿を外旋させる働きを持っています。
梨状筋は坐骨神経痛の原因にもなる梨状筋症候群という症状を起こす筋肉でもあります。

梨状筋が仙骨に付着している部位に、長期間に渡り継続的な負荷が掛ったり、この部位に癒着などの問題が存在する場合、骨盤の奥深くに鈍痛が起きることがあります。


腰の深い部分に不明瞭な痛みがある場合には、骨盤内臓器に問題があり、その関連痛である可能性があります。
しかし、痛みが、整形外科、消化器科、婦人科といった診療科目すべてを受診し、またMRI,CTといった画像診断でも原因が見つからなかった場合、梨状筋性腰痛(仙骨前面に問題)かも知れません。

症状を改善する視点

  1. 梨状筋を緩める。
  2. 股関節の可動性を高める。
  3. 全身のアライメント(正しい骨格・関節の位置)の異常があれば修正。

最後に

腰痛で辛いと、家族や周りの人に強く当たってしまうことがありませんか。本当はやさしいのに。

痛みで冷静な気持になれませんね。だからこそ、できるだけ適切な治療を受けて腰痛を改善していきましょう。

健康は、豊かな時間、充実した人生を過ごすために最優先すべきものでは?
それは、当たり前のようでいて、あなたは痛みがなければ、この大切なことを忘れてしまいがちです。

腰痛が治ったら何がしたいですか?
その思いを忘れずに腰痛を良くしましょう。私たちも全力でそのサポートをしていきます。


北九州市で腰痛を改善したい人は、
小倉南区にある北九州整体院で治しませんか?

当院の場所・営業時間

〒802-0971福岡県北九州市小倉南区守恒本町1丁目2-5サンハイムヨシミビル2階(国道322号線沿い。東和病院横のサンハイムヨシミビルの2階)モノレール守恒駅から徒歩2分。ビル敷地内専用駐車スペース3台。

予約は

腰痛/ぎっくり腰/仙腸関節性腰痛/梨状筋性腰痛/の場合は「腰痛専門コース」。
腰椎ヘルニア/脊柱管狭窄症/腰椎分離・すべり症/股関節痛/の場合は「難治性(難疾患)コース」。
を、お選びください。
なお、初回の方はさらに「初回検査・カウンセリング【無料】」をお選びください。

予約方法

スタッフ

  • 「腰痛専門コース4000円」または「難治性(難疾患)コース4000円」は
    • 施術:平日・土曜日・日曜日・祝日の
      10時〜20時
    • 不定休
  • 返金保証制度の詳細はココから

24時間WEB予約はココから

電話でのご予約の場合は以下の通りです。☎090-8621-9624(電話受付 9:30~19:30)

担当者が「はい、北九州整体院です。」と電話に出ますので、
「腰痛専門コース(または、難治性コース)の予約はできますか」とおっしゃって下さい。
○お名前 ○ご希望の日時 をお申し付け下さい。